しみてく

買ったものや見たもの

今週のMステ 6/17 2時間SP

今週は2時間SPでした。

全部を書いてるとめんどくさいので気になったのを適当に。

  • 藤原さくら 「Soup」
    実はこの子が出てる月9のドラマずっと録画してんだよね。演技がうまいから歌も上手な女優なのかと思ってたら元々シンガーソングライターとのことで驚いた。この曲は作詞作曲が福山雅治だそうで、プロデュースもしてるそう。福山さんのおかげでデビューできたんだろうけど、正直この曲はこの人の持ってる雰囲気や声とあまり合ってないようでもったいない気がしました。ちょっと曲がかわいすぎる。

  • アリアナグランデ「IntoYou」
    日本語を勉強してるそうで。なんか誰かに似てるなあとしばらく考えてたんだけど、手越くんだ。目とかすげえ似てる。

  • ”世代を超えるカッコイイ歌謡曲
    二千人のアンケートから選ばれた歌謡曲とのこと。該当曲をカバーしてるアーティストの紹介もするのがよかった。

    選ばれ方は若干不思議感もあったけど、
    松田聖子赤いスイートピー
    山口百恵「プレイバックpart2」
    太田弘美「木綿のハンカチーフ
    中森明菜「DESIRE」
    坂本九上を向いて歩こう
    沢田研二勝手にしやがれ
    サザンオールスターズいとしのエリー
    この辺は自分の趣味的には確かに世代を超える”歌謡曲”だと思った。

    個人的には特に「DESIRE」はビジュアル、曲、20歳の頃の中森明菜、全てが完璧で今見てもしびれる歌謡曲の最高峰。たぶん今まったく同じ形で世に出たとしてもそのまま通用する不変のかっこよさがあると思うんです。その反対側にあるのが松田聖子の「赤いスイートピー」でこちらもまた完璧な曲。光と影。これらが同時代に生まれてたんだから恐ろしい時代ですね。

    木綿のハンカチーフ」はスピッツ椎名林檎いきものがかりのカバーしたのが紹介されてた。スピッツ木綿のハンカチーフとか反則級に良いですね。

    尾崎豊の「I LOVE YOU」も選ばれていて、コブクロ宇多田ヒカルのカバーが紹介されてたんだけど、宇多田ヒカルのあのビブラート歌唱とめちゃくちゃ合ってて本人曲かと思うくらいハマってた。

  • 岸谷香「M」
    プリプリの人だ。何歳かしらないけど若々しい。声も昔と全然変わってない。Mは定番バラードだけどこの曲が作られたのは1989年、宇多田さんの”ベルの音”に注釈が必要になるみたいな既に通じない歌詞があるかなと思ったけど、”消せないアドレス~”なら今でも通じるので意外と大丈夫っぽそうだった。新曲も一緒にやってたけどあまりピンとこなかった…

  • コブクロ「STAGE」
    歌詞の中にベイベーとかも入れるんだコブクロ。なんか後ろにコーラス隊が並んでハモってた。あとバンド編成でやってたけど、コブクロの場合楽器が多いほど良さが失われていくような…二人だけでやり続けるわけにもいかないだろうけどさ。

  • 桑田桂祐「大河の一滴」「ヨシ子さん」
    いつもの桑田節というか、これだけ長くやってる人だと同じような曲調も何度も出てくるんだけど、特にファンというほどでもない自分ですらサザンの曲のうちいくつかは自分の人生の色々な場面と勝手にリンクして琴線に触れてしまうわけで、これは世に広く流れるポップスを何十年も第一線で量産し続けてきた者だけに許される風物詩状態というか、学校のチャイムの音聞くと胸がキュンとするみたいなのと同じような現象が起こってしまって、「秋だから人恋しくなる」と同じように「サザン(桑田)だからちょっと切なくなる」が成り立ってしまう。

    んで「ヨシ子さん」がすげえ良かったです。EDMを”EDのことかい?”とおっさんボケをかましまくる歌詞に泣きのコード展開でヨシ子さんの名を呼ぶサビ、亡くなったデヴィッドボウイさんの名も出てきたりけっこうエッジが利いてる。曲調としては様々なジャンルをごった煮したような、よくよく聴くとだいぶ凝った作り。桑田桂祐といえばKUWATABANDが思い出深いんだけどその話もまたどっかで書きたいなあ。